Ohlins

Moto Guzzi Coppa Italia

製造より12年程経過し、メンテナンスの時期となり入庫しました。この車両は前後共にOhlins仕様で本気度が伺えます。

フロントはインナーを東洋硬化にて再メッキ、チタンコート。それとボトムケースとトップキャップ部のブラックアルマイト。リアはフルオーバーホールとなります。

分解して各部品をチェックし部品は外注先へ向かいます。そしてステアリング部のメンテナンスも重要ポイントです。トリプルツリーを外し、ネックベアリングを洗浄しグリスアップします、受け側の段付きなどチェックし問題なく使える状態でした。

img_0296.jpgimg_0301-1.jpg部品は素晴らしい状態で帰ってきました。組立ては慎重に、そして基本データに忠実に行います。オイルはohlins純正オイルとシールはSKFを使用。

img_0320-1.jpgセットアップ後は、いつものテストコースを走って各部チェックをします。リフレッシュした前後のサスペンションは、気持ち良く動いています。この日は天気も良く試走であることを忘れてしまうほど気持ち良く走れました。