Crankshaft

愛機の心臓部です。今回の試みはSmiths商会、カンリン製作、クランクピンのオーバーサイズベアリング化です。そうする事でクランクピンに掛かる負荷が分散される事、などなど…..メリットが多いと思われます。そして軽量で高剛性のコンロッドです。クランク軸は芯だしをして組み込みます。自分の愛機で楽しめる、最高の試みです。

このインストール作業も、コンロッドのセンター出しとクリアランスの調整はシムで行います。組んでは計測して、バラして、シム調整です。理想は、気持ち良く吹け上がるようにと心掛けています。

クランクケースは、ウエットブラストでリフレッシュしています。