Transmission

トランスミッションを全てバラします。走行距離50000km越えでしたので、スラストワッシャー、クリップピンは新品に変えます。ミッションギヤ、シャフトの摩耗や破損が無いか細かくチェックします。とにかく汚れを落として、磨いて組み付けます。キックシャフト、リターンスプリング、スピンドルギヤ等もミッションと同時に組み込むので、ここでもチェックと磨きです。

スペーサーとクリップ 上 使用済み 下 新品

全ての部品を洗浄、磨き、組み付けし、作動チェック等を確認します。そしてクランクケースに組む準備を整えます。新品になったベアリングとスペーサー、クランクガスケットに合わせて、トランスミッション部やミッションドラム等のシム調整を行います。仮組してギヤのクリアランスを確認してシムを選びます。この作業は完全にアナログな、作業ですね。

続く